カテゴリー
練習

何度目かの素振りプチブーム

素振りは大事〜、と思ってます。

それほど熱心ではありませんが、何度目かの素振りブームがやってきました。

まぁ、球を撞かない日に、1/3くらいの確率で10分くらいやるだけですが…

少し前までは、素振りでは、目をつぶって、できるだけしっかりキューを出す感じで素振りをして、目を開けて思ったところにキュー先があるかというのをチェックしてました。

多くの場合はテイクバックの方向に問題があるので、テイクバックの方向をイメージ合わせる作業です。

2,3分素振りをして、テイクバックの方向がある程度整ってからは、キューを水平に出す練習です。

これも、目をつぶって手(←グリップのところ)がイメージ通りに水平な感じで出ることを確認する練習です。基本的にあまり肘を落とさない派閥なんですが、キューを水平に出すこと自体は練習しとかないとあとあとヤバイしな〜、といった感じです^^;;

また、最近は少しだけキューを立てて素振りをするようにしています。

最近はキューを立てる場合はできるだけサイドストロークにするようにしているので、サイドストロークでの素振りですね!

わたしはジャンプはサイドストロークをしていますが、ある程度以上キューを立てる時(例えばレールから球1つ分離れた手球の中心を撞く時とか)もサイドストロークぎみにするように注意しています。

身長は高めなので、普通のストローク(肘の下に腕がある)でもいけますが、立てキューの場合は少し無理があります。どうせ練習が必要なら最初からサイドストロークでやろう、というのが最近の考えです。

サイドストロークでの練習には素振りはいいですねー。アリな気がします。

立てキューの入れが少し楽になった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。