カテゴリー
雑談

強い人〜上手い人と強い人 その2

ある人が「上手い人と強い人なら」ということを書いてました。

上手いvs強いっていう対比はビリヤードではよく言われていることですよね。というわけで、今回は悪い意味で強い人編です。このネタは鈴木さんちの球日記の「楽をさせる 」という記事と若干かぶってます^^;;

 

私が悪い意味で強い人といって思いついたのは、やはり遅撞きの人とマナーの悪い人です。

遅撞きの人はたぶん皆さんもやりにくいでしょう。1球にめっちゃ時間をかけたり、また本来時間をかけるようなところじゃないのに凄く時間をかけられるとめちゃくちゃタイミングがズレます。また、順番が回ってきても撞き急いでしまったりと、こちらが実力を出せなくなります。

と書きながら私も早い方ではないので書きながらちょっとあれですが..

あと、マナーの悪い人というのはやはりダメですよねー。昔、禁煙の試合会場でたばこを吸っていた人とか(もちろん、そんな感じなんでどこでも我が物顔)、負け始めるととたんに周りも気づくくらいに不機嫌になるとか、わたしは人としての器がちっちゃいのでこういう人とは合い撞きしたくないなー、と思います。

こういった悪い意味で強い人はむしろ、相手のヤル気をそぐタイプの人でしょうか。

いい意味で強い人になりたいです!

「強い人〜上手い人と強い人 その2」への4件の返信

私も師匠と一緒に撞くときは早く考えて撞くということを教えてもらいます。
考える時間は短く、しかし当て前はちゃんと見てから撞くということを教えてもらいました。
そして相手が撞いている時には組み立てを考えておけば自分にまわってきた時にはあまり考えずに済むということも教わりました。 それでもまだまだヘタクソなので難しいネクストの場合に時間がかかることがありますが・・・
この場をお借りして「相撞きしてもらってる方達、いつも申し訳ありません・・・」

早く考えて撞く大事ですよねー。といいながら、早撞きしすぎてもダメなんで、バランスがまた難しい^^;;
先に考えとけってことですよね!ガクさんの書き込み読んで、昔(中学時代)に将棋をよく指してもらってた先輩に、「考えないで指せ」とよく言われたことを思い出しました!

「考えない」ことと「ちゃんとする」ことのバランスは本当に難しい気がします!!個人的には考えるのはいいけど、撞くのに時間をかけるのはあまりよくないと思ってます:->
(といいつつわたしも平均より遅いですが..)

今日は昼から夕方までA級の方と撞いていて、時間をかけずに考えてそして丁寧に撞くということを心がけて撞いていたら相手の方に上手くなったと誉めていただきました。この状態を維持していければいいんですが明日になれば同じように撞けるかはわからないです^^、、
日々精進ですね!

ガクさん、いいですね!!時間をかけずに考えて、しかも丁寧って理想的ですね!!
ナインボールやテンボールなら勝負どころが一箇所のことが多いので、そこの山場へ向かっての流れだけ考えていけばこなせることも多いので、上手くするとスピードと丁寧さを両立できそうですねー。あ、より難しいゲームについてはわたしは分かりません^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。