カテゴリー
雑談

ジャンプキュー問題

鉄板のネタっていうのがビリヤードにはいくつかありますよね?
上手いvs強いとか、SB級どうしよう?、とか、撞くときに握りこむかどうか、とか。

これらには答えのあるものもないものもありそうです。例えば、横をひねった時のズレは、ショットスピードによって変わるか
?、という問題なら明らかに答えがありますよね。

一方で答えがない問題の一つにジャンプキューあり?なし?、というのがあります。

知人の中にも、ジャンプキューは簡単になりすぎるからよくない、という人がいます。一方で、ジャンプキューを使うのは簡単だし、クッションが下手になる、と言ってジャンプキューを使わない人もいます。また、自分はジャンプキューは下手だからあんまり使わないという人もいます。
いやー、人それぞれですね。

個人的には、ジャンプキューは卑怯だ、とかジャンプなんてやってるとクッションが下手になる、といってる割にジャンプが下手だったり、クッションが下手な人はあんまり好みではありません。

一方で、例えばプライベートルールで、ジャンプショットは成功(イン)しないとファール扱いなんてのがあります。これはよさそうな印象があります。でも、ジャンプでのセーフティをしようとする時に悩みますよね。セーフティっていっても、隠しにいくのでなくて、最大限難しくしよう(でも隠れないな、これ)みたいなのもありますよね?

ちょっと考えてみるとジャンプキュー肯定派としては、
・ジャンプキューはゲームを簡単にしているといっても、セーフティするのが難しくなる。
・ジャンプショット自体はやっぱり難しいショット。
・公式ルールで認められている。
・XXという人がこう言ってる

あたりでしょうか。一方でジャンプキュー否定派としては、
・自分でショットして、自分で隠したのをジャンプするの?
・当てるだけジャンプをされると、萎える。
・クッションは技術が必要だが、ジャンプは技術がいらない(もしくはあんまりいらない)
・ジャンプをしていると、先々あんまり上手くならない。
・XXという人がこう言ってる

といったところでしょうか。

他にもジャンプに思っていることがあるかもしれませんが。

結局、これって単なる好みですよね?ジャンプ好きだからやりたい(もしくはこの人とはジャンプありでやりたい)とか、この人とはジャンプなしでやりたい、とか。

ちなみに私は好みがあまり確立していないので、多くの人に対して相手がジャンプするならこっちもする、ってくらいの感じです(試合なら相手に関わらずアリ) ただ、ごく一部の当てるだけジャンプする相手は「ジャンプなしがいーなー」と思ってます(まぁそういうのはあんまりうまくない人なんで、単なる練習不足だねー、って話でしょうが)。

「ジャンプキュー問題」への4件の返信

はじめまして。
歴10か月の週一素人ビギナーです。

僕はジャンプ不必要派です。

というのも…
隠れた先球にどうやって当てるのか?を考えるのが楽しくて、セーフティが回って来たら相手の「ごめんなさい」に「とんでもないです、ありがとう」って思えるし、3クッション以上で当てられたらそれだけで卒倒しそうになれるからです(笑)

そんな感じなので、カイルンやホノルルってのをやれたら楽しくてたまんないだろうなぁ、って考えてますが、田舎なので相手がいません💦

おひさま*花推しさん:
はじめまして!10か月週1の歴でそれは素晴らしいですね!個人的にはジャンプキューの問題ってのは、他の多くの問題と同様に、「個人の好み」の問題と「事実」の問題を勘違いしなければそれでいいかな、と思ってます。ちなみに私は最初のうちはジャンプはあんまりいらないし、その方が上達すると思ってます。(まぁ、空クッションもちゃんと意図ともってつかないといけないですけど)

返信ありがとうございます。
歴は11ヶ月になりました。(笑)
今はとにかく空クッションで当てられることに喜びを見いだしています。
上達の面でも空クッション>>>ジャンプだと信じています。
そもそもセーフティにセーフティ返し出来るとすればジャンプではないでしょうから…

そんな考え方なので、苦手意識を持たないようにと、当初から積極的に「への字」を選択しており、それなりに「への字」と「薄い球」の入れのイメージが持てるようになってはいます。
反動に厚い球に苦手意識が芽生えつつあり…

おひさま*花推しさん
こんばんは!ぼくも、まだストロークが安定したり、ちゃんと狙えないうちはジャンプしてもどうせ入らないので空クッションの方が上達するかな、と思ってます。もちろん、ある程度狙って入れられるようになれば、そしたらジャンプからセーフティ狙ったりすることもあるかとは思います。(が、A級になってからですよね、きっと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。