先日のダービーシティのハイランチャレンジのアレックス・パグラヤン(Alex Pagulayan)の168点のランのブレイクの配置図です。配置図は左側がフットになるように補正しています。 また、ボールの精度はおそらくボールの1/4個程度の精度です。なお、パグラヤンは今回見ているハイランチャレンジの中では(今のところ)一番多彩なブレイクをしています。いや、苦しみながらつないでいるとも言いますけど..パグラヤンの他のランもチェックしてみようかな..