というわけで、昨日のグラフにデータを足してみました。

まずは、手球とイメージボールの距離+的球とポケットの距離を横軸に、縦軸に手球と的球のポケットの中心に対する厚みをとったものです。昨日と同じで*印はそのラックで終わったものです(Kaci99を除く)

これを見ると、やはり遠目のブレイクは終わりやすいかな?厚くてもほどよくても、薄くても終わってますねー。このあたりはラックとの関係がこのグラフには存在しないから配置図を起こしてから判断でしょうか。

次にブレイク時のアングル(厚み)のプレイヤーごとの分布です。プレイを見てると、チナホフはクラシカルなブレイクが多くて、フィラーはめっちゃ薄めってイメージがありましたが..

イメージ通りですね。もうちょっとデータを増やしたら楽しいかな?