カテゴリー
雑談

ワンハンドドロー

ここんとこ調子が悪いので、ずっとセンターショット等のまっすぐ系の球をついてました。近くの満喫のセット料金に合わせて3時間ですね。

さすがに3時間もやると途中でだれてくるので、ふと、ワンハンドドローの練習をしてみました。

ワンハンドというのは右手(利き手)だけでやるということで、左手でブリッジを作ったりしないで、キューはレールに置いたままで撞いてます。

こんな感じ。引くことの難易度はテーブルによってだいぶ違う印象があります。わたしのやってるテーブルだと、的球を1ポイント近くにすると、いまいち楽しめないので、この距離ですが、手前の短まで引くのがいっぱいいっぱい。しかも、入れの成功率はおそらく1/4くらいでしょうか。

このドローの練習を30球かもうちょっとしていたのですが、ここで後ろだめ(テイクバックの時に止まる)をすると激しくブレることを発見。いや、ワンハンドドローでこうなるってことは知ってましたよ、知ってたけど再確認しました。

これ、なんでだろう?逆にテイクバックでわずかに止まった方がいいと思ってたけど、副作用もいろいろありそうだな、というのが今回の発見です。そして、ワンハンドドローの時にテイクバックの際の後ろだめの副作用(だめなこと)はどうして起こっているんだろう??

うーん、よくわかりません。

もうちょっとやると、この問題点の原因が分かるかもしれないのですが。

おまけでYoutubeにあったワンハンドドローの動画をどうぞ。わたしはあくまでも練習なので、フォームもストロークも普段通りにやってますが。

 

「ワンハンドドロー」への2件の返信

手球手前から1ポイント、的球奥から2ポイントのこの図の配置で、「片手」で手前の短クッションまで引けるんですか!?凄いっすね!! 僕なんかまーるで出来るイメージすら湧きません(>_<) そもそも普通にブリッジ組んでも引ける気しないし、片手だと的球が入る気もしないです( ;∀;)
コ、、コツを、、コツを教えて下さい!!

ブラッドEXさん
おはようございます!引ける量はテーブルに大きく依存しますよねー。

引きよりむしろ入れが寒くて、翌日に同じの試したら、10回に一回しか入りませんでした(T_T)
その前に、あそことここをこう調整した方がよさそうだなー、とか考えてたせいかも。(ありがち)でも、やれば、普段は出ないアラがザクザク掘り出されました(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。