ふと、「ビリヤード人口倍増計画」というキーワードを思いつきました。

もし真面目にやるならどうすればいいんでしょうか?いくつかやるべきことはありそうです。まず、NBAさんにはビリヤードに関する資料をまとめて欲しいですよね?例えば日本国内、海外でのビリヤード人口や、主なゲームのルール、見どころとかがまとまった3,4枚のプレゼン資料みたいなの欲しいです(^^)// これは各競技ごとに。

次に、デートコースの定番の一つに組み込むには何が必要でしょうか?おしゃれな雰囲気?男性アイドルが番組でやってもらえばいいって??うーん、自分がコントロールできないのは球屋の主人が「ハスラー3作ってくれないかな~」とぼやいてるのと同じですよね?^^;; このあたりはある程度流行る兆しが見えればメディアにも乗ってくるだろうとも考えられます。

簡単な競技をもっと広げるってのはありそうですよね?ナインボールでなくて、どれから入れてもいいゲームが初心者向けだよ、っていうことがもっと広まるといいですよね。このあたりはBCJも絡める話でしょうか?

ダーツはどうやって流行ったのか、ってのを人と話していましたが、大学生あたりが鍵なのかもしれませんね。あと、女性の入りやすさ。

 

ところで、最近、よく球が外れる問題があったんですが、そのうちの位置問題は眼鏡の問題だということは突き止めていました。眼鏡の上半分に光が入っていると、光って見えていなくて漠然と狙っていたようです。これの対策を考えていたのですが、まずは首の角度が大事なようです。ようは眼鏡の上半分が明るくなっているので、しっかりと顔を上に向けて眼鏡の上半分でなく、眼鏡の下側で的球が見えてないといけないようです。

そして、そのためにどうするか?、というと、頭の位置が少し高かったようです。これに長らく気づいてませんでした、多少フォームが崩れても、少し膝を曲げて体全体を下げないと眼鏡の問題が発生するようです。

ここしばらくやってたフォーム改造が意外なところで悪影響があったようです。やっぱり少し膝を曲げて、身体全体を下げて、一緒に顔を下げないといけなかったようです。キレイなフォームを意識した形だと、首に負担があるか、もしくは(←こっちがメイン)眼鏡の上半分で的球を見てしまうので、お店によって安定しなさすぎる…

やっぱ、コンタクトにしようかな.. ><)