31.9km/hの平づきブレイクの軌道を撮影してみました。手球はヘッドスポットより1,2cm後ろに下げたくらいの位置から撞いてます。

またmいつもはもう少しだけキューを立て気味についていますが、これは比較的寝かせてついた(手球がはねないようにした)ものです。480fpsで撮影したものをさらに2倍スローにしてます。

画面の右端のすぐ横がラックです。見ているとセンタースポットから0.5~1Pのところでワンバウンドしてますねー。そしてラックにあたるのは、ボールが1バウンドした頂点から落ちている途中ですね。

ブレイク途中の跳ねはおよそ1.5cm前後くらいだと思います。そして、高さ8mm~1cmいくらいでラックにあたって、その後最大でボール2個分(約10cm)まで跳ね上がっているといった感じでしょうか。

あ、あと、これ見たら、バウンドすることによる減速率を計測できることに気づきました^^;;(このアングルでは無理だけど)