カテゴリー
練習

厚いと1、2、4

る程度薄い球というのは、まぁまぁ手球を走らせる距離がコントロールしやすいと思っています。精度や確率はともかくとして、こういう球の撞き分けですね。

ポケット配置20150220001
でも、厚い球ってなんか難しい気がします。こういった力加減をしたいのに。

ポケット配置20150220002

実際にはこんな感じに。

ポケット配置20150220003

普段は、普通のやや弱めとか、やや強めとかいった力加減があるのに、厚めの球の時はなぜか、弱め、普通のやや弱め、普通の普通、普通のやや強め、それ以上は全部ドカーン

 

強めの力加減が一つになっちゃう気がします。なんでだろ…

「厚いと1、2、4」への2件の返信

ならば弱ドカーンと強ドカーン、とりあえず2種類で(笑)

あと図のような球は…まあ手クセで(笑)
反復練習なんて言うと、肩が凝るので。

厚みに自信が有れば、穴ぶりで加減するのも有り?
図の配置で横着すると、やってしまいそうですが(汗)

またたびさん、
弱ドカーンと強ドカーンですか^^;; イメージないからそこからかもしれません^^;;

手癖…難しいですよねー。ちなみにこんなの穴ふれるほど自信ないので、イメージを作るくらい撞くしかない気もしてます。薄い球はたとえば的球のスピード(ポケットへ入れる音みたいなの?)イメージしてといった場合もあるんですが、厚い球は全部一緒に思えちゃいます ><) 手球側のストロークの感じでイメージするしかないかな、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。