カテゴリー
練習

日々の練習

自力で(?)練習するモチベーションがあんまりありません。…

が、一応しています。最近の練習メニューはあまり変わっていません。苦手な球の入れの練習(できるだけいろんな撞点で、特に中心)と、厚い球(ほぼセンターショットの厚み、いろんな撞点、いろんな力加減で)を撞いてます。

時も後者は、少しでも気を抜くと、力加減に意識がいったり、撞点に意識がいったりして危険です。この練習の要点は、どんな撞点と力加減でも厚みに集中して撞く練習になりますので、そこがぶれると練習の目標自体を達成していないってことですね。

ちなみに撞点は自分なりの真ん中から端っこまでを4段階で分けていて(上、下でそれぞれ4)、さらに1段階目までについては3段階くらいにわけています。

イメージ言えば、

0, 0.3 0.6 , 1, 2, 3, 4

のこれらの撞点で上下をつく練習です。なるべくヒネらずに。これをいろんな力加減で撞けるようにするって練習です..

あ、B級くらいの方で、撞点が、0,2,4みたいな方がいますよね。押し引き加減は全部力加減で行う感じで、撞点が2つくらいな感じ。あ、力加減というか、突き出し+力加減かもしれません。

でも、これだと、ど厚めの球はともかく、ふりのある球で思った通りのラインが出せませんよね…あ、突き出しのニュアンスがすごくいろいろあるならいけますね。撞点の方が楽な気もしますが…(もちろん十分な上級者なら、そういう組み合わせでもいけると思います!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。