さて、土曜日は時間ができたのでがっつり5、6時間くらい相づきしました。しかし、最近あんまりやってないためか、起きるのが早すぎて眠かったのか最初の1時間くらいだけですね^^;;

まぁそっちはいいんです。問題は日曜日です。一人練習です。

ふと思いついたことがあります。この配置です。


これ、場合によりますが、わずかに上、少し右(本当にわずか)をひねって撞いたりするのですが、(別に逆をヒネる必要がないですが、こういうのでわずかに逆を撞く球を撞きたい)そのときに結構厚く抜いてしまいます。

これ、厚みとか捻りの問題と思ってたのですが、よく考えたら弱く撞いてしまう癖があるんですね。ちゃんと、こういう感じで真ん中よりこっちに戻さないとダメですよね。

そして、この配置。こっちは大きな問題です。

上のようにわずかに逆を捻ろうとするのですが、捻りがオーバーになります。ちなみにこの左のポケットに入れるこっちフリで、少し薄めのパターンのみで発生します。そして、この捻りがオーバーになるのは、本来つこうと思ってためっちゃわずか左の撞点でなくて、それと平行にずらして、たぶん1タップくらいひねったように球をつきます。結果として、ズレ(トビ)が大きくて、手球が右にいって、的球を薄く抜きます。

丁寧にやってもなるんですよねー。挙動が謎すぎます。まぁ、そんな週末を過ごしてました。もうちょっと徹底的に練習したかったけど、まぁそんなもんですかね。