カテゴリー
ブレイク・9/10ボール

2019ダイアモンド ラスベガスオープンのブレイクスタッツ

先日行われた2019ダイアモンド ラスベガスオープンのブレイクスタッツがAzbilliardに載っていました。
元記事のリンクはこちら(英語)

今回のビデオはまだ見ていませんが、今回の大きなポイントとしては、

ラシャは Predator XK2 cloth

ボールはPredator Arcos II ball

ということでしょう。ボールは出すと思ってましたが、ラシャも出すんですね!!たしかに、ラシャは、比較的開発が用意なものなので、(実際には中国のどこかに作らせて、品質チェックだけすればいいと思う)プレデターのブランド名がついているのは大きいですよね。

プレデター自体がいろんな試合を開催しますし、そういったところではこのラシャが使われることになりますし。ボールはすでにページありますね。youtubeで宣伝動画もだしてますし。ラシャはまだのようですが。

さて、この試合のブレイクのルールは、トライアングル使用、セルフラック、1オンフット、交互ブレイク、ブレイクボックスなし、スリーポイントあり、といったところ。

ちなみに今回のブレイクスタッツはテレビテーブルでのものです。基本的には有名選手ばかりなので、ブレイク強いプレイヤーだらけですが、1試合だけ、女子プレイヤー(Kristina Tkach)の試合が入っています(この試合は惜しかった)

結果としては、ブレイクイン(そしてファールじゃない)は全体の71%(129/170)、ノーイン率が10%、イリーガルが5%でした。ブレイクインは勝者が74%、敗者が71%ということでした。

やはりトライアングル使用だとそこそこノーイン率高いですね。

ちなみにブレイクランアウト率(マスワリ、というと途中の9番コンビを含みませんが、ほぼマスワリ率と思っていい)は、36%。勝者は45%,敗者は28%。ということは、およそ成功したブレイクの半分はマスワリってことですね。まぁ、ナインボールの1オンフットなので、配置も難しくなりにくいですし、マスワリ率は高くなりそうですよね。

とりあえず今日はこんなとこで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。