わたしは底辺A級ですが、底辺だけあって底辺らしさがいろいろとあります。

その一つに、ストロークの種類が少ないということがあります。

さて、ありがちな気がしますが、こんなのを練習してました。

要はたくさん押したい。ちなみに押しの効率よりも、できるだけハードショットして、その上でしっかり上を撞く練習です。そして、今回は「できるだけハードに」がポイントです。あ、図ほどは押せませんよ!


同様に引きです、こんなに引けません..こっちも同様に「できるだけハードに」の上で、できるだけ下を撞く練習です。

こんなかんじに、どうやればもっとハードにつけるのかなー、というのをあれこれやってるうちに、ふと手首のスナップを使うっていうのが気になりました。これまでスナップってほとんど使ってませんでした。

少なくとも意識してスナップを使うようなショットは全くしてませんでした。(握り込みは意識していないもののやってるという認識はあります)

で、意識してスナップをするストロークも…ありかも?ただ、マックスのハードショットというよりも、7、8割のショットがしやすくなるという感じです。

うわー、スナップありだわー。

使うタイミングは10ラックに一回あるかないか程度な気がしますが、こういった特殊ストロークももっと身につけないといけないですかねー。

(ちなみに上級者こんな、「Aのストロークをする/しない」でなくて、もっといろんなストロークが統合してる気がしますが)