カテゴリー
練習

センターショットはじめました

World 14.1はトーステン・ホーマンが勝ったようですね。

さて、わたしは(仕事次第ですが)来年は少し本気でビリヤードに取り組んでアマローテの予選に出ようと思ってます(←こころざしひくーっ)

まぁ出るからには少しだけ練習しないといけないですよね。まず、ローテーションということでセンターショットですよね。

センターショットむずかしー。ということで、これから球を撞くときには最初の10分はセンターショットの練習をすることにしました。

(※センターショットといっても、入れるというよりもローテーションでありがちなセンターショットしながら、点出しをする練習です)

 

これが難しい。

とりあえず、テーブル上(できたら向こう側)に1円玉を置いてセンターショットを入れつついろんなパターンでそこに出す練習してます。1円玉から15cm以内くらいに出せたら合格、1ポイント以上離れたら駄目って感じです。いや、それより、そもそも抜きまくりますが。

ローテーションなので、穴が片方使えないこともありますから、どちらのコーナーに的球を入れても出せるようにしないといけないですよね。

練習なので、手球の位置はあまり細かくしないで、だいたいでいってます。

たとえばフットスポットあたりに1円玉を置いた場合に出す方法のいくつかとしてこんなのありますよね。これらをそれぞれ練習。

実際には出しの練習といいながら、出そうとしながら外すという現象をなくすことが第一の目的だったりもします。

やってるうちに、弱い力加減で的球が不安定すぎるので、このあたりも消さないとだなー、と撞き方(撞点)の練習になってしまいがちですが。

先日はこの練習を2時間ほどしてましたが、身体がだるい…逆に身体がだるくなければ無限にできる練習ですね^^;; 奥深すぎてやばい。

「センターショットはじめました」への4件の返信

Fumyさん;
おはようございます!!だいぶ道は険しいですががんばります:-> とりあえずセンターショット難しいデス!

今もあるかどうかわかりませんが、JustDoItで、栗原プロがティッシュ出しをやってる動画がありましたね。出したいところにティッシュを置いて、その上に手玉を運ぶゲーム。
実際にやったことありますが、ほんとに難しいです。でもこういう積み重ねがきっと大事なんでしょうね。

nowheremanさん:
ティッシュ出しありますよねー。人がやってるとこ見たことありませんが。よく考えたらB級のときにクッションの練習でワンクッションで別の球に当てる(できたらピタ止めで)という練習をよくしてました。

目安になればなんでもいいと思ってますが、ティッシュだとイメージが雑になるので1円玉にしてました。実践をイメージするなら、扇形みたいなのがいいんでしょうけど(もしくは実際にボールをおいて、そこのシュートゾーンの理想的なところに1円玉?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。