カテゴリー
雑談

あつい球

先日、かなり厚い球(ほとんどまっすぐ)を抜きまくってました。驚きの抜き具合。(ピタ止めでない)ほぼ真っすぐの球のシュート率が20%くらい?

ミスの原因はシンプルです。厚みを見てない^^;;

イメージボールをつかっているとしたら(わたしはイメージボールをつかってませんが)、イメージボールをまったくイメージしないで撞くせいです。

この球って撞点と力加減のみで出すので、微妙な撞点を気にしすぎていて、逆に厚みを雰囲気でついてるということです(自己分析の結果)

そして、その原因はセンターショットの練習が雑すぎるということ ><) うひゃー。練習が根本的に間違っているのではないか??(自己分析の結果)

ところで、知人から送られてきた動画がこれ。

すごい雰囲気ですよね。「これじゃ、日本人は勝てない」とも思いますが..5-9や5-10でわいわいやるといっても、この雰囲気とは違いそうですよね。

まぁ、それはともかくこういった雰囲気の方がスポーツとしては健全な気がします。楽しそうだし、見たくなるかんじ。

ちなみにわたしが昔やってた格闘ゲーム(バーチャファイター)の大きめの大会はいつもこんな雰囲気だったと思います。アテナ杯とかベイエリア杯といった試合に何度か出たことがあるんですが、だいたいこんな雰囲気だったと思います。緊張度も半端なかったです。といっても、ビリヤードのような静的なゲームではないので、「緊張感で厚みが見えないー」というよりも、「テンションが高まりすぎて周りが見えない」みたいな感じになりがちだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。