気分転換にふと、シャフトを以前使っていたOB Classic Pro(30インチ)に戻してみました。

ちなみに最近はずっとバンテージシャフトがメインで、練習用(ミスキューよくするので)に初代の314を使ってました。

いつからバンテージだっけなー、と思ったら

バンテージシャフトインプレッションその1

という記事を2015年5月1日に書いてたので、約3年ですね。その少し前にランブロスにACCS Proをつけてたので、細いシャフトは3年以上ぶりといった感じでしょうか。

OB Classic Proは、細いハイテクシャフトでいわゆるプレデータのZシャフトと同じ位置づけですね。わたしが持ってるのは一世代前なので、Z-2の対抗といった感じで、今はOB Classic Pro+というのがあり、これがZ-3の対抗といった感じでしょうか。

微妙なところでZ-2の方がトビが少ないと思っていますが、本当にわずかな差だった記憶があります。

で、OB Classic Proをつけて撞いてみると..

ほそっ。

普段12.8mmのバンテージや12.75mmの314を使ってるからか、11.75mmのOB Classic Proは相当細く感じます。イメージとしては1/4くらい細い印象。

実際には11.75mmと12.75mmとでは直径比では約92%、面積比では約85%なんですが、それ以上に細く感じます。

そして、パワー不足とかは全然感じないです。初日だからか、細さに意識がいきすぎているためかもしれませんが。

ともかく、撞く時に撞点を決めづらいという感じでした。逆にすごく細くなったので撞点の撞き分けはかなり楽になる気がしましたが。

この細さの実際の差と、体感の差っていうのは、なんでしょうかねー。もしかするとパワーの差以上に、細いことによる撞点の刻み易さの差っていうのがある場合あるのかな(トビの少なさは別にしても)