カテゴリー
その他

スリーアウト・ルール

このブログは元々はまだマスワリが出たことがない友人向けに書いていたものですが、現在は主に月1マスワリが出るか出ないかくらいのB級がメインターゲットのつもりです。

あ、それと私のような一部のマニア向け^^;;細かいビリヤードネタを拾って紹介するつもりでおります(海外の本の紹介とか、先日の四角いタップとか)

さて、今回はしばしば思っていることながらずっと書くのを忘れていた「スリーアウト・ルール」です。

これは誰からも聞いたことがなく、わたしが勝手に作ったルールです^^;;

「スリーアウト・ルール」は、要はナインボールや14.1といったゲームでは、ワンミスが命取りというよりも3つミスを重ねてはいけないというものです。

もちろん簡単な球を外すというミスもありますが、それはいわゆる「一発死」という大きなミスです。

穴前でまっすぐの球を外すような「一発死」は練習が足りないので、それはそれで対応をしないといけませんが、普段よくあるミスはそういうものではありません。

例えば2つ前の球のポジションが薄くなって、その結果1つ前の球のポジションが遠くなって、そしてストロークミスをしてシュートミスをする、といったのが典型的な「スリーアウト」です。

ショットのミスはその前のミスの積み重ねということです。

B級の真ん中くらいの方の中には「うわーっ、外したー」ととても難しい球を外して嘆いているのを見かけます。あ、「オレはこんなの入れられるぜ」というポーズなのかもしれませんけど。

ただ、その後その球を練習しているのを見ると、その前のミスに気づいているのかな、と。

「ここでこっちのフリに取らないとヤバイよ」、

「あー、やっぱりそれ厚くなったー」、

「うわー、それシバいて回しにいったー」、

「ミスだよなー、やっぱ」

みたいな。もちろんわたしも上級者から同じように見られていることでしょう。

どうして「スリーアウト」なのか、「スリー」だけでいいのか?、という問題はありますが、これまでそういう習慣がない人は3つ手前まで考えるということがあればいろいろと気付けるんじゃないかと思います。

「スリーアウト・ルール」への2件の返信

同感ですね。

何をもって「アウト」とするのか、また、どんな「アウト」なのかが、上達とともに変わってきますよね。

例えばなすみそさんの出してる例の「2つ前のポジションが薄くなって・・・」というのは、単純に強弱を間違えたとも言えるし、強弱に神経質にならなくても出せる別の出し方に気づかなかっただけかもしれないし。
「1つ前のポジションが遠くなって・・・」というのも、「強打すれば出せるけど、ここは次の入れに集中して我慢していこう」と覚悟を決めていたのなら、それは大きなミスではないとも言えるし。

3つ先まで考えるというトピックに関連して、BクラスとAクラスの一番大きな違いは、セーフティじゃないかなと思います。
相手にとって当てにくい配置を作ることしか考えてないのがB、ファール取ったらそのまま取り切れる配置にすることろまで考えに入れるのがA。
トラブルになってる球を崩しながらきっちり隠すとか、あえてトラブルは残していくとか。

nowheremanさん:
おはようございます。アウトについてはおっしゃるように複数あると思ってます。わたしの球も上級者から見たら「アウト」や「微妙にアウト」がたくさんあると思ってます>

そして、おっしゃるようにセーフティーはいろいろありそうですよね。あと、セーフティーはB級の人は、B級の人とばっかりやると難しいセーフティーとか不要だったりしそうですよね。クッションの精度が高い相手とやると磨かれるので、普段やってる相手による問題もありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。