カテゴリー
練習

ダシ練習

最近、調子悪いながらも入れについていろいろと考えていて一定の目処が立ってきたので今度はダシを頑張ることにしてみました。

普通に長クッションに一回いれて(もしくは入れないで)反対の長クッションの目指したところに出すという練習です。

これ、基本的には1ポイント程度を目指してやっているのですが(つまり+-0.5Pの誤差)、もうちょっと正確に出そうかな、と。

いざという時には0.5ポイント刻みで出しにいっていますが、もっと上は目指せるのか?、と。

 

試してみると、ダシの精度をあげようとすることで当然抜けが増えます ><)まぁ、これはいいです。

 

さらに的球にあたってからクッションまででの手球の押し引きがだいたいはあってるけど、だいたい、だし。

 

ヒネリ加減もよくよくみると的球の厚みとかで違うし。

 

注意すること多すぎです ><)

 

 

これまで漠然とやっていたことを精度をあげようとすると、いろいろなアバウトさがいっきに押し寄せてくる感じです。

できる気がしない…

 

でも、こういうことをもうちょっとやっていかないといけないのかなー、なんて思いつつしばらくは練習してみます。

道が遠すぎて挫折するかな?

「ダシ練習」への2件の返信

実際のところ、手元の許容範囲で見ると、入れだけでも異常な精度ですよね。
さらに出しという条件付けるとか、無理ゲー過ぎる(笑)

ただ実際に上手にやっちゃう変態も居るので、やれるんだな~、やらなきゃだな~、と、
日々身の引き締まる思いがします(笑)

ラガマタさん
ぼくにはラガマタさんも十分変態なんですが、どの世界も上には上がいますもんねー。逆にビリヤードは上の上がネットなので見えるのでその点はいいですよね!自分のショボさがわかるから、上手くなりやすい!(他の分野よりは)

ただ、実際にはダシを、意識した瞬間飛ばしまくってます(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。