というわけで、昨日の記事の続きで、5先と7先のシミュレーションをしてみました。

9ボールで、ブレイクのイン率と、ショットのシュート率をそれぞれ変えた時に、先攻(バンキングに勝った側)・後攻(バンキングに負けた側)のプレイヤーがどのような得失セット・勝利数になるかってやつですね。

簡単にするためにシュート率は常に一定として、抜けセーや、周り番のショットは難しいなど考慮してません。また、途中で球を入れることがなく、9番目にボールを落とした方がそのゲームを取れるとしています。

昨日は11先のシミュレーションでしたが、今日は5先、7先です。

ちなみに昨日少し書いていたのですが、例えば双方ブレイクイン率70%、シュート率が60%と55%のプレイヤー同士の場合は、得ゲーム率がどのくらい60:55に近いのかってのが気になっていたところです。

これは、先攻・後攻のプレイヤーが同じ割合で9番を撞く時に、1ショット目でそれぞれが9番を入れる確率の比ですよね。

実際にはシュート率が60%のプレイヤーのほうが9番を撞く可能性が高いですし、相手が外した後にまた入れる可能性もこの比になっていくので、60:55よりも、もう少し開いて70:50といった割合になりそうな直感があります。

5先のデーテからシミュレーション結果を見てみると得セットが4152:3346となります。これは、65:50よりも少し低い比率でしょう。

一方で、シュート率が上がってくるとこの比はもっと大きくなりそうです。ブレイクイン率が70%同士で、シュート率が90%と80%のプレイヤーの場合の得セットは4743:2211となります。シュート率が10%の差ですが得セット数はかなり開きます。ミス率としてみれば1:2です。

また、シュート率が95%と90%では4546と2453です。およそミス率に近いような比率かもしれませんね。