カテゴリー
ブレイク・9/10ボール

10ボールオンフットのブレイク

少しだけ、10ボールをフットポイントにおいたブレイクを試してきました。

この件、3つの仮説がありました。ちなみに全てラックシートを使用して、しっかりラックが立つ前提です:->

1.ウイング(最下列の端)のボールのイン率は普通と変わらない。

2.サイドブレイクで1ボールサイドを狙うのは、普通よりも簡単になる(コントロールした力加減でちょうど向かう)

3.正面からのブレイクで2列目サイドを狙うのは、普通よりも簡単になる(コントロールした力加減でちょうど向かう)

さて、実際に試してみました。といっても、サイドから1を狙うブレイクを4球、正面から2列目を狙うブレイクを4球程度^^;;

試した範囲では、1,2,3ともに想定通りでした。実は3の正面から弱めのブレイクで2列目サイドに狙う時はスリーポイントルールが気になっていましたが、これも大丈夫でした。

結論としては、10ボールオンフットは普通の1ボールをフットにおいた時よりも、ブレイクは簡単になるなー、という感じでした><)

9ボールの場合はウイングが入らなくなるという利点がありましたが、10ボールの場合はそういう利点は特になかったですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。