カテゴリー
14-1

ホーマンとアップルトンのシュート率でハイラン300は出る?

フェイスブックでフィル・カペルが先日行われた14.1の試合のホーマンとアップルトンのシュート率を書いてましたね。

決勝戦のものだけですが、ホーマンが300点で8ミス、アップルトンが250点で4ミスだったようです。

ここで、ホーマンのシュート率は97.4%(300÷308)、アップルトンは98.4%(250÷254)ですね。

実際のシュート率は、もらい球の時はシュート率は低くなって、それ以外のショットはもう少し高くなることを考えますが、今回はおいときます。

ここから計算すると、
ホーマンとアップルトンがハイラン100の出る確率は
0.974の100乗
0.984の100乗

ハイラン200の出る確率は同じように200乗すればいいです。

ここから計算すると
シュート率が97.4%の人が
ハイラン100を出す確率 7.2%
ハイラン200を出す確率 0.51%
ハイラン300を出す確率 0.037%

シュート率が98.4%の人が
ハイラン100を出す確率 20%
ハイラン200を出す確率 4.0%
ハイラン300を出す確率 0.80%

ですね。意外とハイラン200が出る確率低いですね^^;;ジョン・シュミットのハイラン400とかって凄いですねー。まぁ、ショット成功400でミス1ならシュート率は400÷401= 99.75%ですからねー^^)/

実際のシュート率は相手からの周り球は85%で、それ以外は98.5%や99.2%とかくらいなんじゃないかなーと思ってますが、あくまでも想像です^^;;

「ホーマンとアップルトンのシュート率でハイラン300は出る?」への2件の返信

この二人、ブレイクがらみでのミス以外、見た記憶が無いくらいですね。
まあトップ選手はほとんどそんな感じですよね。
なのでブレイクと取り出しの成功率で算出すると近い値になりそう。
それ以外のミスは無しということで(笑)

ラガマタさん、こんばんわー。

そうですよねー。たぶん、トップレベルの選手って、相手からの周り球(でたまたま渋い時)と、ブレイクの時(あんまり見た記憶ないけど)そして、ブレイクの直後の球で渋くなってしまった時くらいしかミスってない気がします。

といっても、それを考慮すると…難しそうです^^;; 実際に、ミスったシチュエーションをメモって平均ミス率を計算しないといけないですよねー。

たしかに、そう考えていくと、もっとハイランが出る確率は高い気がしますが…うぅ。大変だ.. ><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。