スロウに関してどこかで読んだ記憶があるんですがどこで読んだか思い出せません。

接触面にチョークや汗やワックスや水などいろいろつけてスロウの角度を測るってヤツ。

 

先日、ワックスでつるつるの球を使って時に、見事にスロウの分だけ薄抜けしてた気がします。たぶんワックスかかってなかったら入ったはず!、と思ったんですが、本当にそうなのか気のせいなのかの裏が取れませんでした。

 

資料が見たい…

 

ちなみに的球がセンターあたりで少し薄め(例えば厚み1/3くらい)の球をサイドポケットに入れるけど、手球はバンキングくらいの力加減、みたいな球の場合に、手球へワックスかかってるかいないかで大きな差が出る気がしてます。気のせいかな..どうかな…

 

どうですか??