知人が紹介してた動画を見てます。まだ見てる途中ですが。

フィリピンで行われたブスタマンテvsバセス・(キングピン)・モカイバット(Baseth “Kingpin” Mocaibat)の21先の10ボールのギャンブルマッチです。

相手のモカイバットは初耳ですが、凄いっすね。フィリピンの選手層ハンパねー。ブスタマンテに8-10番のハンデを振ってますね。

ジェフリー・イグナシオの動画を見た時に、「フィリピンすげー、選手層ハンパねー」と思ってたんですが、このクラスがゴロゴロなんでしょうか?

ちなみにラックはトライアングルラックだし、ラックが上手く立たないのか、互いにサイドブレイク(たぶん1番サイド狙い)で結構なハードブレイクしてますねー。

やっぱ、テンボールはレフリー立てのトライアングルラックがいいっすね。それにしても、フィリピンは性格なのか器具の問題なのか、ラックが適当ですね^^;; 昔見た、ビーパラのビデオでの試合もラックの浮き具合が半端なかったです。