カテゴリー

Answers to a Pool Player’s Prayers

 

自作感満点の自費出版っぽい本です。

本のテーマはズバリ、「キューは顔の中心の真下にあるべきか?効き目の真下にあるべきか?」

一冊、128ページかけて、ほぼこれだけを論じてます。

顔の傾(かし)ぎ方は、XYZの3軸ありますが、この傾きと顔の関係。

手球の見えというのをずーっと論じています。

そして、この本の結論は、「効き目の下にキューがあるべき」というもの。

 

ただし、この結論について、わたしは疑問符をつけています。

理由は2つあり、ひとつ目は結論ありきで書かれているという疑いです。

要はこの著者は小さい頃に出会ったウィリー・モスコーニに心酔していて、モスコーニはキューが効き目の下にあったということから、結論ありきではないかということです。

 

2つめは、本は理論的には書かれているものの、著者の思い込みで分析をしているだけであり、特に裏付けがないことが多い点です。

本当は、効き目の下のタイプと顔の中心のタイプの2つのプレイヤーを連れて来て、様々な球について見え方のズレなどを計測すればいいのですが、そういったことをしなくて、「思ったこと」を書き連ねているという本になってしまっています。

この本の内容自体は、「あー、そういう考え方もあるのね」といった感じではあるものの、こんな狭いテーマの本が出版されているという点で、アメリカのビリヤード文化は凄いなーと考えさせられた本です。

あ、日本にも「ハヤマアンブレラシステム」という素晴らしいマニアック本がありますね^^)//

 

ちなみに3000円以上出す価値があるのかというと、たぶんないです..あくまでマニア向け。

「Answers to a Pool Player’s Prayers」への2件の返信

こんばんは。
向こうには、こんな狭義的な本が存在するんですねぇ。
日本ではニッチな業界ですが、
向こうではメジャーなレジャーですもんね。

個人的には、アゴの真下にキューがあるほうがいいかな
と思ってます。
微調整は、おそらくこの本で言うZ軸で調整のほうがいいかなと。
両目のどちらからを前にする調整法ですね。

書いていたら、
その方法にどんなデメリットあるのか、
ちょっと気になってきました(笑)

この本、読んだらわかりますかね(^^ゞ

たしかに日本とアメリカでは層の厚さが違いそうですもんね〜。
ビリヤード雑誌もいっぱい出てますしねー。

ぼくも基本的に顔の中心の真下にキューがある派ですが、しばしば右目の真下にあったりしてそうです^^;;
ちなみにジャンプの時は右目の少し外側にキューがあります(←フェイエん風) (^^)//

あー、めちゃくちゃだなー。

ちなみにぼくも効き目を少し前にして、その上でキューは右目の真下か顔の中心にあるのがいいんじゃないかと思ってます^^;; ちなみに、この本に何書いてあったかは細かいことは覚えてません!:-<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。