カテゴリー

Capelle’s Practicing Pool: Take Your Game to the Next Level & Beyond

 

今日は私のもっとも好きな著者Phil Cappeleの本をご紹介します。

この本はビリヤード(ポケット)の練習方法について書かれた本です。

基本的には初心者からB級くらいを対象としたものです。

学習曲線、ストロークと狙いの関係、目の使い方などの解説からはじまって、様々な練習課題が書かれています。ここまでショットの基本について丁寧に書かれた本は洋書では類書がないと思います。

PhilCapelle PractcingPool

PATのようなドリルについて書かれた本はありますが、この本はドリルの本というよりもショット、エイミングについての基礎について書かれた本といった感じでしょうか。

もちろんポジションプレイについても書いてあります。

ボール2個単位で押したり、横に弾じいたりといったことをきちんと繰り返したら、うまくなるのは必然ですよね。

300ページもある本なので、ここまで出来る人はあまり多くないと思いますが。時間がたっぷりある初心者にはオススメです^^;;

あ、もちろん、僕レベルでは、いろいろと気づくことがありますし、やらないといけないことがありました。

「Capelle’s Practicing Pool: Take Your Game to the Next Level & Beyond」への4件の返信

日本語の入門書と比べると、考え方や、方法論なんかが大分違ったり(進んでたり)するんでしょうか?

伊藤さん、
ショット、エイミングの基礎についてある程度のボリュームで書かれた本というのは日本では、須藤さんの本くらいしかないと思います。須藤さんの本は、総花的に書いた体系的な本かというと、ちょっと違って自分が興味のあるところだけ丹念に書くというスタイルじゃないかと思います。

Phil Cappeleの本はそれに比べると、全編を丁寧に書かれたという印象があります。また、進んでいるかというと日本のものよりも進んだトレーニングツールだと思います。

なるほど〜。
本場の書籍読んだ事無かったので、子供の英語の勉強も兼ねて、Amazonで注文してみました!

伊藤さん、おはようございます!

おぉ、たしかに勉強にもなりますね^^;; つまみ食いでも元が取れる本だと思いますが、是非丁寧にやってみて、また感想を教えて下さい!!:->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。