カテゴリー
フォーム・ストローク

前ダメたい

というわけでいろいろと見直し中です。

やるべきことは、
1.撞き方の修正(前ダメを長く、撞いた後の止まるのを長く)
2.苦手な球のシュート率のアップ
3.力加減

やるべきことをちゃんと明確にして、それぞれに対処しようとすると、それぞれで気づくことがありますねー。こういうのをもっと早くからすべきでした.. ><)

まずは、1の撞き方の修正についてです。

やっていると一人練習の範囲で言えば、前ダメを伸ばすことは難しく、撞いた後に止まるのはより容易です。

ちなみに前ダメというのは、素振りの後に実際のショットをする前のことですが。

私のルーチンの場合は、
1.構えて
2.手球の撞き点を確認する(手球を見る)
3.視点を的球に移す
4.素振りをする
5.素振りをやめて、視線を手球に移す
6.タップをできるだけ手球に近づける
7.視線を的球に移して、的球を注視して静止する
8.テイクバックして、
9.実際にショットする
10.撞いた後に固まる

といった感じです。

この7の時間をできるだけ長くしたいというのがやりたいことです。

でも、実際には前ダメを長くしようとしても、5から6だけが長くなってたり、もしくは前ダメの時間が長くなっても、実際に的球を見ている時間が伸びるわけじゃなかったりします。

この7を長くしようとしても全然上手くいかない感じでした…

ただ、一応、7が長い人をイメージしながら撞いたら、少しだけ長くなったような気がします..どうかな。

もうちょっと試してみます!

「前ダメたい」への6件の返信

なるほど、タメになります。
毎日楽しみに読んでますのでよろしくお願いします。
当方は先日、ノーマルシャフトをM-specというものに加工してみました。

jonnyさん、初めまして、こんばんは!
この場をお借りして質問させていただきます。
M-specの打感はノーマル時と比べてどのように変わりましたか?
見越しは当然減ったと思うのですが、カーブの出方などは少なくなるのでしょうか
あとはキュー切れやパワーなどは変わるのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

ガクさんへ
はじめまして
当方C級なのであまり参考にならないと思われますw
打感は少しだけ軽くなった感じ?だけどまずなにより加工と同時にシャフトの滑りがよくなって滑りすぎに戸惑った感覚でしたw
見越し、カーブ、キュー切れ、パワー すべてたぶんあなたの満足する説明はできません。
ただびっくりしたのが、メカニカルブリッジを使ってのドローが引けすぎましたw
長クッションで7Pほど引けてびっくりでした。

jonnyさん、
はじめましてー。M-Specいいですねー。名前しか聞いたことありませんが^^;;ただ、先角を変えるとキューの性能が変わるってのは最近は実感してます。
M−Specがんがんつきこんでまたインプレ教えて下さい:->

ガクさん、jonnyさん
がんがんやってください:->

jonnyさん、nasumisoさん、ありがとうございます。
当方ストロークを若干改造中で、相撞きの時にいいストロークと以前のストローク(悪い?)が混在してしまうので、手玉のコントロールがうまくいかないことが多いです。
新しいストロークが安定するまで頑張るしかないです^^;;それではまた!

ガクさん、
おはようございます!
ストロークとか、フォームとか、ルーチンって、合い撞きの時に発揮するのは難しいですよねー。一人では出来ても人と撞くとちっともできない…だからやるんですが^^;;

ストロークに意識がいくと、他がごちゃごちゃになるのはなりますよね〜。結果を気にせず定着するまでやるってのがまた難しいわけですが^^;;お互いがんばりましょー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。