先日、お仕事的なもので、お店にいったらちょうど会いたい方(初対面)にお会いすることができました。

せっかくなので相撞きをしていただきました。初対面やべーっ。チキンなので、初対面補正がかかってチビリまくります。さらに初対面の上級者との相手はさらに倍です。

試合の時とかもうヤバいっす。そんなわけで、ポジションとか訳わからなくなりながら撞いてました。

また、こういう時って、余裕がなくなって力加減とかアバウトになったり、しょうもない球抜いたりするんですが。それだけでなく、さらにもうひとつ要因が入ると壊れかかりますよね?

例えば初対面の相手と相撞きなのに、隣のテーブルで団体が騒いでてうるさいとか、テーブルコンディションがめっちゃ気になるとか。(テーブルコンディションがめっちゃ気になる、なんてのはレアですが)あと、わたしはタバコに超弱いので、近くでタバコを吸われるってのもあります(喉が痛くて、まったく集中できなくなる。イメージでいうと、腕をカッターナイフでひっかきながら球撞いてる感じ。まぁ、ほとんど翌日の昼までには治りますが)

さて、そんな感じで、初対面+なんとか、ってあるのとめっちゃ嫌な感じになることが多いです。でも、初対面補正がかかると、球への入れ自体は集中するので入れつなぎ率はアップすると思います。なんでだろ?

出しを見る余裕がなくなってしまうんだけど、覚醒度自体は高いのでしっかり一つづつプレイできるのかな?そういえば(1年に1回もでない)試合の時とかって、だいたいそんなかんじになります。

一方で、「あがり」の研究の中では、多少認知的な負荷がかかっていた方が「あがらない」という研究もあります。うーん、周りがうるさい、とかって、「あがる」わけではなく、むしろ覚醒度が落ちるし、そこに認知資源が取られるからかな?

あと、周りに認知資源が取られたら、やっぱり先のフリを確認したりといったことがやっぱりアバウトになってる気がします。

ちなみに相撞きのあとで、とあるメーカーのハイテクシャフト2本を試し撞きさせてもらったのですが全然性能が違っていてびっくりしました。ハイテクシャフトといっても、バラツキはいろいろあると思ってましたが(ちなみに314は驚くくらいにバラツキが少ないと思ってます)、このメーカーでもこんなに違うのかー、と思わされました。ランブロスのラミネートシャフトくらいなら、結構バラツキがあると思ってましたが、最近のシャフト(プレデター、OB、アダム、メッヅ、ルカシー、プレイヤーズあたり)はそんなにバラツキないと思ってたんですが、違うんですね。

そういえば、最近ルカシーのハイブリッドと、OBのXL+を手に入れたので、またレビュー書かなきゃだ。