どこかの記事でビリヤードはPDCAを学ぶのに最適とありました。あ、これだこれだ

その前にPDCAって何?という話がありますよね。

PDCAっていうのは、
Plan (計画して)
Do (やってみて)
Check (チェックして)
Action (改善する)

みたいな感じでしょうか?よく企業なんかの新人研修で説明されるヤツです。会社によっては日常的にPDCAという言葉を使っているところもあるかもしれません。

.

が、わたしの感覚では、わざわざPDCAとかいって来る人がいたらちょっとウザい^^;; 

ちなみにPDCAとかOJTとかファイブフォースとか、そういったビジネス用語をリアルで、あえて使われるとウザいなー、と感じます^^;;; (ただし30歳まではオッケーです!若手は、だいたい許す!!)

 

さて、ビリヤードがPDCAを学ぶのに最適かどうかって話はともかくとして、そもそも子供の遊びってだいたいそういうものですよね?

ドロケイ(けいどろ?)だって、ポコペンだって、やる度に次の手を考えてやってみるってことですもんね。

わたしがやっていた格闘ゲームだってそうです。

ちなみに一番最初に格闘ゲームで上級者に教えてもらった教えは、「負けたら、勝つまで乱入しろ」でした。その時やってたゲームは初代スト2。

最初は意味が分かりませんでしたが、たしかに相手がある程度の腕の人ならば、こちらが負ける場合は明確な理由があります。ということはその理由がわかるまでは乱入して、それを見つけて弱点を克服しないといけませんもんね。

(といっても、本当に上手い人のダルシムが相手だともう詰んでましたが、逆にダッシュならそこまで終わってなかったと思います。わたしはダッシュではケンを使ってたのでリュウ、ベガだと相当キツかったですが)

ビリヤードの場合は難しいところがあって、相撞きや一人撞きでミスったことがあったら、きちんと覚えて(わたしの場合は記憶力がないのでメモって)、その理由を考えて、練習して、再度やるということでしょうか?

ビリヤードの場合は、身体的な限界とかもあるので、対策の仕方が難しいな、とは思いますけど。

 

あ、元記事に戻りますが、あれってステマ記事かな、とわたしは思ってますけど、「がんばって書いてみたなー」と思いました^^;;水を指すようで悪いですけど…なんていうか、当たり障りなく、そして何も語ってない感がすごい^^;;;

逆に、今度自分もビリヤードの楽しさを全力で書いてみたらどうなるかやってみようかな。