カテゴリー
キュー

アダムのシャフト比較

最近10山のキューが手に入ったので、これを機に10山の検証環境を作ってみてテストをしてみました。

同じ条件で、シャフトだけを変えての検証です。なお、撞点を17mmずらした条件での3回づつのテストです。

まず結果。

1.ACSS Pro Tip Layer tip R 9.5 ズレ平均 2.52 速度平均 14.5
2.VI Tip ?? R 9.5 ズレ平均 2.41 速度平均 15.6
3.Solid8Max Kamui S R 9.5 ズレ平均 2.32 速度平均 14.5
4.Solid12Max Moori S R 9.5 ズレ平均 2.48 速度平均 14.5
5.ACSS Pro Kamui S R 9.5 ズレ平均 2.68 速度平均 14.8
6.Olivier Moori H? R 9.5 ズレ平均 2.86 速度平均 15.2
7.Tonkin Navigator M R 9.5 ズレ平均 2.84 速度平均 15.6
8.Tonkin Black Heart M R 10.5 ズレ平均 2.80 速度平均 15.2

ちなみに、これ、3,4,5のシャフトは全て新品のまさにおろしたて(このテストが1球目)ということで、タップが落ち着いていないと思っています。また、6のオリビエは、タップがめっちゃ古いです。このようにタップの統制(コントロール)が行われていない条件でのテストと言うことを覚えておいてください。

なお、テスト結果を見ると、思ってた以上にVIシャフトがいいのですが、これが個体差によるものなのか謎です。

また、試す前に思ってたよりも、ACSS ProとSolid XXの違いがあまりありませんでした。(タップをもう少し撞き込んでからテストしないとかな..)

また、自分の主観では、トンキンのシャフトよりもオリビエのシャフトの方がトビが大きいと認識していましたが、ほぼ同じでした。あと、トンキンの7と8のシャフトのズレの差は8の方がズレが少ないという認識を持っていましたが、その認識は正しかったようです(ちなみに7と8の差よりも大きく6の方が違うと思ってました)

やっぱり、もうちょっと3,4,5のタップを締めてから追試かなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。