カテゴリー
雑談

シャフトをよく見てつく

どうにもこうにも眼鏡問題

最近、近視も遠視(老眼)も問題が進んでそうです。少なくとも、近視は進んでいて、以前は1.0見えた眼鏡でも0.5とかくらいしか見えません。

で、これを改善するためにビリヤード用の眼鏡もかえたのですが、やっぱりどうにも合いませんでした。顔の位置の問題もありますが、きっちり近視を矯正すると手球の撞点がどうにも見えない(球ざわりするか見えない)です。厳しい….

これのせいで最近はロングは全く入らないし、全体のシュート力も落ちてやる気激減中…

ってな話をしていたところ、的球(先)でなくて、キュー見てついたら?とのアドバイス。

ありかも!

以前から使ってるあまり矯正視力の高くない眼鏡ならば撞点は見えますし、これを使って、キュー(シャフト)を見て撞く練習してます。まぁ、どこまでいけるか分かりませんが、今の目の状態ではこれしかないかなー、と。

試してますが、全くやったことないことなので、その分面白いですね。キューの動きによりセンシティブになります(その分入れは少し雑)また、見越しの取り方もこれまで無意識にやっていたことがたくさん出てきました(これまでふっと構えてそのまま撞けばだいたい入っていた球がちゃんと見越しを取らないと入らなかったりする)

うーん、面白いですね。

ちなみに今、いろいろと仕込みをしているので、その仕込みが終わったらもうちょっと本格的にこのブログも再始動する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。