カテゴリー
システム・球の動き

手球と的球の衝突、スーパースロー

連日の外出自粛中な上に、仕事ではやることいろいろあります(増えてる、ヤバい)

ってなわけで、たくさんお金稼いで、次の(約2年後の)車は何買おうかなー、といろいろ妄想してます。Youtubeとかいいですね!いろいろほしくなります!

そんなわけで、以前撮影した手球のクッションでの跳ね返りと、的球と手球の衝突のスーパースローです。スロー部分は8820fpsですが、肝心なとこ以外は3倍速にしているので、約3000fpsです。

最初はもらいヒネリと、的球へのあげるヒネリを調べようと思ったのですが、もらいヒネリは…面倒だなー。また時間ができたら調べます。とりあえず今の私の推測(わたしがダシの時に使ってる補正値のイメージ)では、球の直径1つ分進む間に10-13度くらい回転するイメージです。あと、ショットスピードによるバラつきも気になります。

あげるヒネリは、本当にわずかですね。これは、ショットスピードに大きく依存しそうと思います。どんなもんかな。おそらく球1つで1,2度なのかな。もうちょっと撮影方法考えないと無理かな。今の世の中が落ち着いたら撮影でしょうか。

まだ、未編集の動画がいくつかPCにあるので、それを整理したいとも思ってます。こちらは仕事があと2週間もしたら落ち着いているはずなので、ぼちぼちの予定です。

「手球と的球の衝突、スーパースロー」への3件の返信

手球のもらい捻りの計測は暫定で、直径1つ進む間に12-14度かな。予想通りかな…

ハスラータックさん:
こんにちは!ご視聴いただきありがとうございます!そして、コメントも!!

正直、スーパースロー動画は、モチベーションとの戦いなので、こういうコメントいただけるとがんばれます!(別にいいけど、Youtubeとかも再生回数50とかそんなんですからねー、まぁ見せ方が悪いんですが、薄味で現象だけ見せたいんですよねー)

さて、以下のサイトは僕も昔衝撃を受けました!!今見たら、240fpsの動画とかもあるんですねー。ぼくが3つ前に使ってた端末(iPhone6)と同じスピードじゃないですか!!^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。