先日、Furyのカーボンブレイク(BKS)購入しましたが、これで10ボールの5先を7,8回行いましたので、感想を。

ちなみにバットはP3です。以前は太めの(ノーラップの)キケルのファンシースニーキー・ピートにOB Break(タップはたしかブレイクインパクト)というセットでしたので、それとの比較です。

まず、パワー。パワーというのは実際には何度もつかないとわかりにくいですが、やはりBKSの方がよりあるような気がします。これはタップの違いもあるでしょう。イメージでいえば以前使ってたブレイクインパクトが樹脂7:革3くらいなイメージに対して、BKSの標準のHell Fireタップ(G10のもあるけど)、は樹脂9:革1くらいなイメージです。

この差もありますが、おそらくカーボンという違いもあります。ちなみにキュー自体の太さもOB Breakよりもだいぶ太い感じがしますが、カーボンは中身がつまっているわけではないので、単純に太さで比較してもあまり意味がないと思います。
(ちなみに中身が入った円柱と、円筒の硬さの違いの数式は以前書いた記憶がありますが、まぁいいや)

そして、パワーだけでなく、跳ね具合がだいぶ違う印象です。印象(あくまで印象!)で、2割くらい跳ね具合が減った気がします。その分、少しだけレストを高くするのですが、結構微妙。あと、パワーが増えた分、着地点も少し変わってるので、調整が難しいです。

まぁ、そんな感じです。ちょっと楽にはなったけど、マスワリ率は…少し上がったかな。テーブルが甘かっただけかな^^;;