強めにドローショットを撞くと撞点が上がってしまいます。

これ、みんなそうかと思って「そういうもんだなー」と放置してましたが、技術的な(ストローク上の?フォーム上の?)問題をみつけました。要は右肘をあまり動かさないので、右手(グリップ)が振り子のように下に落ちていく時に、当然キュー先が上がっているということです。

これによって、ストロークの際にインパクトに向けて、少しキューが上がりながらつくような感じになっています。いわゆるキューがまっすぐ(ラジアルに?円柱の高さ方向に?)出ていないということでしょうか。

ってな感じで思ってましたが、実際には素振りと撞いてるときが違うようでした。

これが素振りの時のあとの前ダメ(実際のストロークの前)に構えている場所。

そして、実際に撞くのはこの撞点。


なお、わたしの場合は基本的にこうやって構えたところを撞いているため、ショットスピードが遅ければ最初の構えと、実際に撞くところはほぼ同じになります。

ちなみに、もう一回やってみたところも同じ撞点撞いてました。

限界撞点の半分くらいのとこでしょうか。全然キレない人ですねー。

 

ちなみに先日もアナウンスいたしましたが、Revoのお持ちの方は、よろしければ下のアンケートにお答えいただけると大変助かります。