少し前に、自分のストロークがまっすぐじゃないことに気づきました(最初から、とかいう話かもしれませんが!)

これ、直すためには、立ち位置変えて、肘の位置変えて、顔と足の関係を変えて…それに合わせてアドレスを変えて…

とやってたら大手術になってしまいました。辛い…

と思っていたのですが、私の勘違いで、実は肩関節のところで、上腕部をねじる(?図の赤い捻転)ができることを失念していて、この関節が以前と変わっていたようです。実は、ビリヤードのフォームでこの関節(?この軸)をこれまで意識したことが全くなかったので、そもそもそんなとこにパラメータがあったのか!、という感じです。

そして、これを直すことによって、全て解決。といっても、それまでにいろいろなところをいじってしまっていたので、それらを元に戻すのも一苦労です…うがが…

まぁ、大工事しながらも、全然治らないなー、とおもってたところが、意外とワンパラメータで治ってしまったのでハッピーといえばハッピーでしたが。

ただ、それのおかげで、これまで意識していなかったストローク平面になってきつつあるので、このあたりに違和感を感じながら進むってかんじですが。