カテゴリー
フォーム・ストローク

ロニー・オサリバンのグリップ

最近は、ワールドプールマスターズの動画を見ていますが、あまり進んでません..

球は週3で撞いてますが、もやもやのまま…

 

さて、ふと気になったこちらの動画。

これまで見たことなかったんですけど!

スヌーカー界の大スター、ロニー・オサリバンのグリップですね。

いずれも、効かせる球ですので、普段のショットとは違うストロークだ、という前提で見ないといけないと思います。

このストロークでは、手首のスナップというよりも、握り込み系といった感じでしょうか?

スヌーカーではテイクバック時にもうちょっと手首と肘を使いながら水平に引くイメージがあるのですが、ロングドローだから、テイクバックもそのまま引いている感じですね。

一方で、本ストローク(実際のショット)では、意外としっかりめに肘を落としてますね。これもドローをしっかり効かせるからでしょうか?

スヌーカーというと、超まっすぐフォームができているという印象がありますが、このくらいの精度なんだなー、といったのも見て取れます。といっても、自分と比べるとだいぶまっすぐですけど…^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。