わたしがしばしば言っている問題の一つに、「店によってはメガネの中が光って見えない」というのがあります。

低目の照明のお店や、壁に向かって光を当てている間接照明や、パチスロなどの機械が前の方にあるとメガネの上の方から光がはいって
遠目がかなり見えなくなります。全然見えないというわけではありませんが、かなりぼやけて見えます。

およそのイメージでいえば、お店によってはこう見えているものが、


こんな感じになります。(もう2,3割ぼけているのと、光があるかも)

 

実際には全体がぼんやりではなく、部分部分がこうなっているといった感じです。なんていうんでしょうか、光の入り方が上から光の滝が落ちてきている感じでといったところでしょうか?)

さて、この問題がすごくやっかいで、コンタクトレンズを考えていたし(いまも試みようと思っている)のですが、目にコンタクトを入れるのがなかなかなれません。練習面倒 …orz

ということで、別の方法を考えてみました!!かなりかっこ悪いのですが、眼鏡に黒いビニールテープを貼ってみました。えっと、縁無しメガネの上の部分(フレームがないところ)から光が入り込んでくるのが問題と考えているので、縁無しの上の部分に黒いビニールテープを貼ってみました!!

かなりよくなりました。

こういった光のカーテンが7割はカットされたと思います。もっとかも!!

早くやればよかった…orz