すずきさんがブレイクのこと書いてました。

ネタをかぶせるなー、って話がありますが、まぁいいや。

わたしが常々思ってたのは1が短の真ん中に張り付くブレイクをし続ける系で、「取り出しがー」と言っている人(さすがにA級の人ではみかけないと思うけど)ともうひとつです。

それは以下のような配置です。ほぼベタ止めのブレイクで一見いいブレイクですが、他のボールに蹴られる確率がめちゃくちゃ高いです(厳密には、手球の跳ね具合と弾かれ・引き具合で回避できますが、往々にして弾けすぎて蹴られる)。このときに「うまく止まったのにー、蹴られてサイドスクラッチー」みたいな…

ちなみにこのパターンで、ピタ止めできていて、しかもたまたま蹴られなかった場合に「ナイスブレイク」なのかどうか…

手球があまり跳ねていないで、弾かれてセンター付近にすぐ戻ってきた場合は蹴られにくい印象がありますが、手球が少し跳ねている場合は蹴られる可能性が高いと思ってます(どうかな)

じゃあ、それなりの確率で蹴られるが、実際にはピタ止めのブレイク..

ほとんど蹴られないブレイクをしてる人ならばナイスブレイクでしょう(カー・ピン・イーとかうまい印象あります)が、2回に1回は蹴られてそこそこスクラッチしてる人が、たまたま蹴られなかった(もしくはちゃんと蹴られなかった)ブレイクはどうでしょう??ナイス?ナイスじゃない??