ダービーシティの14.1は、ミカ・イモネンが優勝でしょうか?

最後は相手となるシェーン・バン・ボーニングと、リー・バン・コルテッザが9ボールに集中するため棄権のようです(実際に確定情報はまだ不明ですが) これはダービーシティでの14.1の位置づけというのがあるでしょうか。厳しいですね…

ところで、先日、地上波の(お笑いの)有吉さんの番組にビリヤード好き俳優で(こっちの筋では)知られている金子昇さんが出ていましたね。ビリヤードの宣伝活動でしょうか?

大変ありがたいことです。 その中で、芸人のくじらさんのネタの「マンモスブレイクでお馴染みのフランシスコ・ブスタマンテ」というのを連呼していたようで、うちのブログでも突然のアクセス数アップ。ブスタマンテネタへのアクセスが多かったです。

ちなみにビリヤードについて少し書くと、ビリヤードは現在はテンボール(ナインボールお同じで1から順に狙っていくゲームで、9番でなく10番を入れると1点取得)・ナインボールがよく行われいてる競技です。

トッププロでは、これらの競技でおよそ3、4割ほどがマスワリもしくはブレイク・ランアウトと言われる「ブレイクショットで何かを落としてから、そのまま順番に入れていきミスがないまま全ての球を落としきる」ということをします。

これはショットをミスしないで、次の球を狙えるようにする「ポジション」と呼ばれることをするおかげです(ゴルフで言うなら、全部のショットをドライバーでふっとばすのでなくて、きちんとフェアウェイキープしていくかんじでしょうか?)そのため、ブレイクショットの強さとコントロールがとても大事になってきます。そして、「マンモスブレイクでお馴染みの」フランシスコ・ブスタマンテは強く、そして正確なブレイクショットを持っている、有名なフィリピンの英雄(世界でも大人気選手)です。

なお、金子昇さんはジャパンオープンというアマプロが自由に参加できる日本で1番大きな大会に出場されて、その予選でブスタマンテ選手とあたりました。(と、CUE’sという専門誌の金子さんの連載で読みました)