カテゴリー
練習

バタバタドリル

以下のドリルです。1から6を番号順に左側のコーナーに入れていくというもの。的球はすべてクッションからわずかに浮いてます。また、手球が他の的球に当たったら駄目というルール。そして短クッションも使いません。ちなみによく考えたら全部遠目で出せばいいとかも思いますが、バタバタの精度の練習なので、2クッションで練習してました。

これ、以前やった時にまったくできなくて、「絶対むーりー」と思っていたのですが、先日やったら15%くらいは成功しました(高いと喜んでたけど、冷静になって考えてみると微妙)

このドリルの難しさは、バタバタさせる時の精度ですよね。他に当たって駄目というルールが効いてます。ワンクッションでのダシの精度が求められますし、入れでも穴フリしていれるようなことをしてはいけません。

逆にその精度さえあれば、そこまで難しくないとも言えます。入れにめっちゃこだわりますが、そこさえミスらなければ多少の力加減のミスは許容されますし、最初の3つさえいければその後は難しくないと思います。

いや、難しくないとかいいながら、最後の一個薄くして抜いたりもしましたけど^^;;;

「バタバタドリル」への2件の返信

似たような配置で、下長クッション側でコーナーに近い順に1,2,3と並べ、上長クッション側でコーナーに近い順に4,5,6と並べたドリルをやったことがあるのですが、当時100回やって1回も成功できませんでした…!
バタバタでイレ、ダシを共に高い精度でこなすのって難しいですよね><

Fumyさん
こんにちは。当たらないようにバタバタは難しいですよねー。100回やったというのがなかなか素晴らしいと思います。これ、難しいけど、入れの精度が上がるに従って少しづつ楽になったと思います:->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。