カテゴリー
雑談

イメトレ

3,4日つけないタイミングがありました。いや、厳密には1時間くらいは撞けたんですが、疲れてた中ダラダラと1時間だけ練習くらいするなら、と撞きませんでした。

代わりに、イメージトレーニングを多少。ちなみにイメージトレーニングというのは、(わたしにとっては)記憶の定着のために行うものなのでなるべく何度も行います。

やることは、できるだけ具体的にイメージすること。そして、その目的は手順の記憶の定着なので、自分が行いたいルーチンをしっかりイメージして、その手順を確認しながら行います。

物理的な球に邪魔がされないし、入った入らないといった結果に左右されない分、記憶の定着に良い気がしますが(実際にイメトレと普通のプレイは近い効果があるという研究もあったはず)、ただイメトレ自体はなれていないと難しい気がします。しないかな。

いや、昔はイメトレって上手くできてなかったんですが、何度かやってるうちにできるようになってきました。

ちなみにイメトレはずーっと、苦手な配置のイレだけをしてました。いわゆるへの字。苦手すぎる…

苦手な理由もわかってるんですが同じミスをしまくってしまいます ><)

「イメトレ」への2件の返信

的外れなコメントだったらすみません。
お勉強の暗記も同じだと思いますが、このテのトレーニングは、「それにどれだけ時間をかけたか」ではなく、「それを何回試行したか」だと思うんですよね。
があああっと1時間暗記するより、10分ずつ6日間やったほうが効率がいいといった感じです。

道を歩いていて、壁際に電柱がある。ふと見ると、10m先にも電柱がある。この電柱をあの電柱にコンビさせるにはこの厚み!

喫茶店でコーヒーを飲んでいる。このカップが手玉で、あのカップが的球だとすると、テーブルのコーナーに落とすならこの厚み!

こんなイメトレが、意外と効くと思うんですよね。

nowheremanさん:
時間より頻度はおっしゃる通りですよね!記憶については少しだけ興味があるんですが、何回試行したかは大事ですよね。

とそれより、このあるあるすぎる電柱とカップ(コップもだ!)はありますよね。先日も、どこかの窓の模様(大きなドット)で、どうにも厚みが合わない(あるドットから隣の隣のドットへのカットの厚みが見えない)でいらいらしながら窓を眺めてました^^;;; ビリヤード好きあるあるですね^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。