カテゴリー
雑談

流しの相撞き動画

人と相撞きをしている(流してる)動画をふと撮って見てみました。このパターンは上や斜め上のアングルから撮ることが多いのですが、今回は真横からです。

どういう球を撞いているかのアングルなどはほとんど分かりませんが、フォームとかをチェックするにはいいですよね。

これを見てましたが、まず感想としては、思ってよりもショットが弱い!!ビリヤードを休止する前(10年前とか)はどちらかといえばショットスピードが早めだったと思いますが、ビリヤード復帰後はどちらかといえばある程度フリをつけてショットスピード遅めにするようにはしてました。

が、思った以上にショットスピードが遅い ><) 逆にいえば、フリが薄すぎるのかも。

フリのことはともかくとして平均ショットスピードが遅すぎるのが気になります。これはスロウの影響とか受けやすいわー、と。

あとは少しですが、やはり顔が動いてました。しかもショット直前という一番危険な時に…これたまにフォームチェックでビデオを見る時には、対応できてるはずなんですが、やはり相撞きではダメでした。

ショット選択のスピードは十分早いと思ってますが、厚みを見るためにアドレスで時間をかけすぎることがあると自分では思ってましたが、それは思ってたほどではなかったです。他の的球の配置をチェックにいったりというのもかなり細かくやってるつもりでしたが、それも時間にしては5秒もかからないレベルでしたので、オッケーのようです。

全体的に撞く速度は、ショット選択以外は平均よりもやや遅めかと思ってましたが、見ていて気になるレベルではありませんでした。このあたりは、自分が主観としてめっちゃ時間が使ってるところがあるので(主にアドレス)、遅く感じるかなー、と思ってたんですが早い部分もあるのでトータルでは気にならないかな、と。

といっても、ビデオで見ているとはいえ、自分で自分を判斷することは難しいので実際のところはよく分かりませんが!^^;;

これまで横から相撞きを撮るってのは全くしてませんでしたが、これからは有りだな、と。

「流しの相撞き動画」への6件の返信

横からの動画は撮ったことなかったなー笑
基本、テーブルの様子が見えて欲しいですもんねー
フォームチェックならドローンに追跡して貰いたいですね笑笑

シュート時に顔が動くのはわたしもかなり気を使ってます
フィニッシュのまま3秒滞在するように練習はしてますが、、、
相撞きの時はねぇ、、、
(о´∀`о)

常に一定の、ヘッドアップのないフォームが理想ではありますけど、苦手なフリとかもやはりあります
すなわちフォームが一定ではないんでしょうね
「そのフリ専用」のフォームになっているのか、
そのフリに反応してフォームが狂うのか(体が錯覚に惑わされ自動調整をかけてる)
わたしは右利きです
短クッションに向かって右側から撞くフリが1番苦手ですね
これって、
体の左側に長クッションが当たる時、
さらにはレールレストになる時がかなりイケてない、、、
レールに頼らず頑張ってハンドレストを組むと結構改善しますがまだまだ、、、
体の左にテーブルフレームを当て、
それに頼る時キュー出しがズレるっぽいんですよね
テーブルに体が当たらずにスタンスを取れるとどんなフリでも通常通りに景色が見えます
そういう時って横から見たらどんな風に見えるんだろな
自撮りしてみたいけど環境が整ってないのでちょっと台間の広いところさがしてみよーかなー、、、

とかなんとか思ったりして(о´∀`о)

ゆたかさん:
おはようございます。横から見てないんですね..わたしはアクションカメラ(5000円くらいの)で取りましたが、スマホもとても広角なのでおすすめです!

というか、横からとってなくとも癖がよくわかってらっしゃいますね^^;; わたしは漠然としすぎててこういうパターンは抜くぞ、というのはあっても身体の動きがわかってないので、こういう時に、という癖が全然分かってません
^^;;

ただ横から撮るとどういうリズムでどう撞いているか、どういう時にどうショットしてるかはすぐ見えるのでそれは良かったです。そのあとで、斜め上からもとってみたのですが、球の配置は見えるけど…やはり横からのアングルの方が気づくことが多いです:->
(上からなどの、配置に関わる部分はある程度自分で認識できるからかもしれません)

ちょっとスマホ用のスタンドを物色してみます(^^)
昨日練習してきましたが、
やはり苦手なフリは少しトバしました
レールレストがダメですね
恐らくレールのR曲面が悪さしてるようです
キューは真っ直ぐ出しているつもりでも少しぶれますし、上下のしゃくりやそれに近い動きも当然あるでしょうし
その僅かなベクトル変化をレールのR曲面は見事に拾い上げる様ですね、、、、(´・ω・`)
左手レールレストでキューが当たる部位の感覚がしきりに訴える違和感
これじゃない感笑
レールに関してはこのRがくせ者のようです
できたらレールレストも違和感なく使いたいもんですから、
レールのトップ、外側の水平部でキューを保持できるように気をつけると違和感は少なくなりました
イレ率も少し上がります
上下しゃくりがいつものシュートと違うので完璧ではないイレのようですが今後に繋がる発見だなと感じました!

ゆたかさん;
おはようございます!!レールのRが厳しいテーブルいやです!!記憶が曖昧ですが、オルハウゼンとか?

あと、古いテーブルにもそういうのがありましたが、そっちはポケットの甘さがあるのでなんとかなりますが^^;;

レールはわたしは違和感がないのですが、逆に違和感がないと「思ってる」ために、ゆたかさんのように「自分を観察する」というのが足りてない気がしました ><) (いや、これ全部においてか!) せっかくの機会なのでレールでのときにどうついてるかをまた観察してきます(^^)//

ゆたかさんと同じような局面は、私も苦手意識を持っていますのですごく気持ちわかります。
自分の場合は、構えに入って体を前傾するときに、体制が苦しいのを嫌がっているのか、グリップ位置を体に引き寄せてしまう癖があるようです。グリップが体に近くなるということは、思っていたより右斜め前方に振り出しがちになる感じですね・・。

nowheremanさん:(?)
おはようございます。上級者の方って、こういう自分のミスを、きちんと自分の癖として言語化してたり、具体的に認識されていますよね(わたしはできてない)

このあたりの感性のあたりがわたしが最下級なんだな、と思わされるあたりです。参考になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。