昨日は4日ぶり(木曜以来なんですが間に4日空けるのは4日ぶり?5日ぶり?)に球を撞きました。おかげで最初は全然球が入らなかったんですが、最終的にはそれなりに。

ところで、途中マスワリっぽいこれを抜きました。

最近、自分ながらにハイボールを抜くパターンというのを分析していて、わずかながら成功率が上がってますが。

このパターンはなんだったんだろう?厚いけど、少しだけフリがある(ストップすると抜く)というヤツですが。

これはしっかり構え切れずに、どまっすぐに抜いてしまうというのはよくあるパターンですが。

今回は撞く時に置きに行くような撞き方をしてしまって、厚みが左にずれる(左にこじったのか??)というパターンです。

この置きに行くようなショットって、フリをあまりつけたくない厚めの球と、思いっきり下をついでできるだけ殺したい球でやっちゃうことがよくあります。そして、こういう9番ではこのパターンのミスは珍しいと思ってます。

これ、

1.ショットが厚めだけどどまっすぐに行ってたら抜くので、注意しないといけない。

2.調子悪い中でのマスワリだったので、大事にいきたかった。

といったところでしょうか。おそらくもう一点何か理由があったと思いますが。

キューを置きに行かないためにわたしは、しっかりキューを振っていく(かんじ)か、フィニッシュの形をイメージするといいのですが。

9番でフィニッシュの形を意識すると、抜くことが多いです。(←理由はいろいろあるかもしれない)

ということは、対策としてはしっかり撞くということなのかなー。たしかにショットが程よいショットスピード(的球のポケットスピード)よりもだいぶ遅かったです。

でも、ここでほど良いショットスピードを意識すると、ショットスピードが早くなりすぎるんだよなー。といっても、フォームとかの問題ではないと思うので、他の改善策としては…テイクバックを少し大きめにすることかな?

それなら、「フィニッシュ」とか「ショットスピード」と違ってショット「中」のでなく、ショット「前」だから抜く率が下がりにくいのかな..