なんとなく、使ってなかったP3を引っ張り出してきてRevoつけて撞いてました。しばらくRevoかな、と^^;;

ちなみに今回のポイントは、元々ノーラップだった19ozのP3のグリップにゴムを巻いた時の使い勝手を確認するためです。

普段は20ozで前バランスのキューを好んでいます。

ちなみに手元でよく使っていたキューが全ておよそ20Ozで、ステンレススチールジョイント(パイロット)のメープルベースのロバート・ランデ、ブラスジョイント(ウルトラ)のエボニーベースのランブロス、普通のジョイントカラー(木?3/8-10の木ネジ)のエボニーベースのマクウォーターです。

これに比べてP3はなんとも軽かった.. ><) Revoシャフト自体が前を軽く感じやすい特徴があるというのもあります。これ、たぶんRevoシャフトのバランスの問題ですが。

それに対してグリップゴムを巻くとどうなるか、ということです。あ、ちなみにノーラップのキューはブレイクでは使っていますが、プレイキューではあまり使っていなかったというのもあるかもしれません(一応持ってるけど)

ちなみに、巻く前は、グリップ巻くと重くはなるものの、バランスは気に入らないのかなー、と思ってましたが、意外といいですね。ウェイトボルトは入れると確実に後ろバランスになってしまいますが、ぼくはバットのやや後ろ側(普通のキューだと、グリップのそこそこ後ろあたり)をもつので、大丈夫だったのかもしれません。

グリップゴムはつける場所さえちゃんとすれば、意外とバランスも整えられるんですね!!

というわけで、これまでわずかの間OB Classic Pro使ってましたが、またRevo生活に戻る予定です^^;;ちなみにRevoもいいんですが、このキューで最高にいいのはエクステンションの着脱が速いことです!

ロバート・ランデにはアダムのネジがあうので、アダムのエクステンションを付けていたのですが、あれはクイックリリースとは正反対の思想のものでしたが、プレデターのものはその点が素晴らしい!

エクステンションは軽くて、着脱が速いというのが条件だと思っているのですが、どうしてあんなの売ってるんだろうなー、といつも思ってました^^;;;(そこがアダムらしいとも言えますが)