そういえば先日、TED(テッド)のダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman)の「記憶と経験の謎」を見ていました。

 

ちなみに右下あたりの「・・・」を押すと字幕ありが選べます。

ダニエル・カーネマンといえば、エイモス・トヴァスキー(Amos Tversky)と共に「行動経済学の祖」として知られており、ノーベル経済学賞受賞者でもあります。

(ノーベル経済学賞は、物理、化学、生物・生理にくらべて、だいぶ格落ちなイメージありますが)

カーネマンはその著書「ファスト&スロー」でも知られており、そこではシステム1,システム2の概念が述べられています。これは人間の中の、直感的で素早いシステムと、よく考えると分かる意識的なシステムの2つを述べています。

一方、この動画では、実際の経験している自分と、その記憶との違いについて述べています。

実際にどうであるか、よりも「どう記憶しているか」が解釈を生み出していると言えますもんね。

この解釈と実際の差分について、ビリヤードでしばしば思うことがあるんです。

一番あるのが、インパクトのあたり、他にはバットやシャフトの性能について。

球とキューの接触時間は1/1000秒くらいのはずなんですが、この間にキューが大きく動いたりしなさそうだとは思います。このあたりは、実際のショットとの因果関係はあっても、前後関係を間違えていそうな気がします。つまり、何かストロークのニュアンスがあって、ショットが成立して、キューの挙動がある、というのを、何かストロークのニュアンスがあって、キューの挙動があって、ショットが成立する、と思ってしまう気がしています。

まぁ、原因がストロークのニュアンスだとするならば、そういう解釈でもいいとは思いますが。

と言いつつ、あまりストロークのニュアンスをわたしは信じてませんが…いや、実際にはショットのイメージでストローク自体が変わるの間違いないとは思っていますから、信じていないというわけではないですかね。


また、それほど上級者でもないし、キューにあまり興味がない人が、何球か試し撞きをさせてもらって、「このキューはバットが硬いですねー」とか。いや、あるかもしれないけど、どうかな..

これも、その人の解釈と実際の差みたいなものでしょうか。

あ、あれ、ここからどこに行くんだっけな、この話、