カテゴリー
練習

抜く練習と6割くらいとセンターショット

学習効率というキーワードを考えると、成功率が95%の練習なんてのは効果が低そうな気がします。もちろん、ミスをしないっていうのは大事なことですが。ただ、それは一人練習でやることでもないような..

例えば比較的なんでもない球で普段90%入る球を95%にするには同じ球を何度も撞けばいいんでしょうか?これを一人練習で何度もついてもあまり成功率は変わらないような気もします。

いや、フォームを固めるのは大事ですが。

 

一方で例えば5割、6割しかできないことを一人で練習するのは意味があると思ってます。

ただ、練習の時によく思うのは「抜く癖」をつけるのもよくないということです。5,6割しか入らない球っていうのは、ある点で抜きまくる訳ですよね。抜いてもいい、ってなっちゃわないのかなー、と思ったりします。このあたりが一人練習の謎だったりします。

 

以前、昔の教祖さまに「センターショットなんて、お店に入ってはじめの一球だけやるものだし、それは絶対に外してはいけない」と言われたことがあります。もちろん、センターショットの目的が何かにもよりますが、たしかに実戦から逆算したらこうなるとは思います。

ところで、先日、ようやく気づいたことがあります!!

一方で、自分がセンターショットをやる時には比較的センターショット自体に入り込みすぎてしまうことがよくあります。つまり、例えばできるかぎりハードにセンターショットをする、という課題だったらできるかぎりハードにセンターショットをすることが目的になります。

そして、2球連続で外す訳です。そして、またセンターショットしちゃうんです。

よく考えたら、センターショットというのはこうやって外した時にそこから全力が考えて立て直す(つまりミスを2連続でしないようにする)練習と捉えないといけないのではないか?

そんなことをようやく思い立ったんです。なかなか難しいけど。

「抜く練習と6割くらいとセンターショット」への4件の返信

5,6割しか入らない球は練習すれば7,8割に上げることが出来ると思います。
決して抜く練習ではないはずです。
プロなら7,8割ではダメでしょうがアマチュアはそれくらいでも試合で勝負に行ける気がします。
ましてや普通の相撞きなら十分です。5,6割でも攻めますね(笑)
センターショットも穴のどこに入ったかで良い悪いがありますし撞点によって色々な練習が出来ますね。
たかがセンターショット、されどセンターショットですね!

ガクさん:
こんばんは!

5,6割もいけるならば、実戦ではほとんど攻めると思いますが、全体のシュート率としてみると低すぎですよね。このあたりがよく分からないところです。5割の練習ってのは、抜きすぎじゃないかなー、とは思ってます(が、実際にどのくらいのシュート率の練習がいいのかはまったく分からないところですが)

そして、センターショットはおっしゃる通りに深いですよねー。まだまだ卒業できません><) っていうか、卒業はずっとできないと思います:-)

教祖様・・・私は彼にこう言われましたよ。
「センターショットは度胸を試されるモノ。ハズしたら、その日の自分は死んだと思うぐらいにやってくれ」と。

匿名さん:
こんにちは。教祖様はらっきー教でもありますが、外したら死ぬ教ですもんね。その域にはちっとも到達しませんが、いくつかの教えを胸に練習に励みたいと思ってます。

センターショットでプルプルくるくらいに緊張しながら撞けるプレイヤーになりたいものです。そして、たぶんそれはそのように撞かないと無理ですよね。わずかにそういうのも出来るようになってきてはいると思いますが.. ><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。