カテゴリー
雑談

同じようなビデオに影響を受けた

ダービーシティーでは、18歳の新星ビリー・ソープ(Billy Thorpe)がワンポケで優勝したそうですね!すげー。

ワンポケといえばワンポケの上手い若手は伸びるの法則というのを提唱していますが(←わたしの独断)、さて、ここ3,4年でビリー・ソープは来るでしょうか?

一方、日本の関西オープンも、16歳くらいの愛知のホープ神箸渓心くんがベスト16で残ってますね。同じく17歳くらいの愛知のホープ田中汰樹くんがベスト32でスヌーカーや14.1のうまいリペア職人の長谷さんにヒルヒルで負けてしまいましたね、残念。

さて、昨日はBさん(仮称)と相撞きをしてもらってました。BさんはB級の方です。

見てると、ストロークが大きめ、引きは結構いろいろ使える、押しが苦手(押せない、弾く、強すぎ、そして抜く)といったタイプでした。うわー、ストロークの大きさ以外は以前のわたしと似てるー。

押し引きのチョイスで引きだらけなとこも、押しが苦手なとこも。

 

「Bさん、引き上手いですねー。押しはちょっと苦手のようですが」、と話しかけると、レイズvsストリックランドの120先が大好きで、あれを見ていたらこうなった、とのこと。

あー、それかー。

そっかー。

たしかにあのビデオをいっぱい見てたら、引きメインになるのは納得できます。

自分は今はスタイルが変わったのですが、Bさんのスタイルはわたしがビリヤードをしばらく辞める前のスタイルによく似てるなー、と思ってましたが、そういうことですか。

影響を受けていたものが一緒だったんですかね。なんとなく納得です。

今は全然違うスタイルに変わってますが、影響を受けたものが同じだと、似たようなスタイルになるのかなー(得意な球も苦手な球も)、とびっくりしたような、面白い一致でした。

(この件は一事例だけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。