昨日は子どもが早く寝たので、6時間ほど練習してきました^^;; (あ、2割は麻雀マンガ読んでました^^;;) おかげで今眠い..

そして、先日書いたこの球。少しだけ分かりました。

img_1020.jpg

まず、入らない時の根本の問題は、イメージ不足。

別の言い方をすれば狙いですね:->

最近は、手球が的球にあたって、的球がポケットする映像をイメージしてから球をついているんですが、このイメージが終わる前に撞いてしまうというのが問題のようです。

そして、別の問題。つまり、スタンダードブリッジではそこそこ入るのにレールブリッジでは抜く問題は、レールブリッジの時は身体とキューの関係が違っているというのが問題のようです。

重心の位置が違うのか、脚の位置が違うのか、このあたりがレールブリッジの場合は違っているようです。なんか、腕と身体の距離が近くなってしまうのが問題っぽいです。

もう端から端まで問題だらけですね。

わたしの球撞きは穴だらけのボートで水をかき出し続けているみたいです:-<