仕事のついでに30分だけスリーの一人練習をしてきました。

昔よりもポケットではラインがよく分かるようになりました。

しかーし、「基本的にこういうライン」ってのは分かるんですが、ばらつきが分かりません。
つまり、厚みやヒネリがブレた時に手球のラインがどのくらいの範囲を取るのか、が全然見えていません。

難しげなラインを創りだすのは、持ち点の割にはできる気がするのですが、「では、それ何割あたる?」ということが全く見えていません。

一人練習するなら、この辺がポイントですよね、たぶん。

そろそろ、一人練習の時もパターンを決めてきっちり練習するようにしないといけないなー、と改めて思いました :-< そうしないとショットの確率が見えない。ただ、同じ球を連続でやるのもいけないので、同じショットを別日に行うような練習セットを作らないといけない気もしますが..