カテゴリー
システム・球の動き

3/4システム

さて、3/4システムについてです。

まず、基本としては1Pのヒネリについて書いておきます。

1Pのヒネリとわたしが言っているのはこういう球。

ポケット配置20160218001

短い方(長クッションから長クッション)で、1P(ポイント)横にいくヒネリです。ちなみに通常の9フィートのポケットテーブルや10フィートのキャロムの大台では、1Pは正確に球6個分です。

1Pのヒネリで、同じ所に空クッションで手球を運ぶためにはそれよりも0.5ポイント(つまり球3個)右を狙うということです。

ポケット配置20160218002

ちなみにヒネらない(ノーイングリッシュ)で、手球を黄色に当てるためには、こんな感じでラインを探せばいいでしょう。これでノーイングリッシュで当たるはずです。

ポケット配置20160218003

これ、1Pのヒネリを入れたらどこを狙えばいいでしょうか?

黄色の球が手前の短クッションのあたりにあるならば、先ほどの話からノーイングリッシュのところよりも球3個分左を狙えばいいはずです。

しかし、この配置は、黄色の球が上の長クッションから1Pしか離れていません。つまり、球3個分の1/4でいいはずです。なので、ここでは球3/4個分、左を狙えばいいでしょう。

ポケット配置20160218004

ということは、ほぼ同様に上の長クッションから2P離れた場合は、球3/4×2 = 球1.5個分左を狙えばいいでしょう。

ポケット配置20160218005
3/4システムというのは、1Pのヒネリの時に、クッションから1P離れた球を狙う時には球3/4個分離れたところを狙えばいいということです。もちろん、2Pのヒネリならば3/4の2倍、0.5Pのヒネリならば、3/4の半分ということですよね。

そして、狙うところ(上図でいえば、黄色の球)がクッションからの距離をこの3/4にかけるということですね。

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。