カテゴリー
練習

殺したい

殺し球というのがあります。ありますよね??

だいたい上手い人は殺し球を(も)使う傾向があると思います。私はこれまで殺し球はあんまり使わない傾向がありました。いくつかのパターンは多少使ってます。

これまで練習してなかった殺し球ですが、そろそろ練習をしはじめました。

なかなか実践レベルにならない気がしますが、しばらく練習を続けようと思います。

ちなみに殺し球って結構下を撞いていたんですが、どうやらそうとも限らないっぽいんですかねー。手球にスピンが効く距離をイメージしながら、ほどよく下くらいがいいっぽい気がするんですが、まだまだ感覚がないっていうか、頭で考えてみてますって感じですね^^;;

 

まずはよく撞くテーブルでつけるようになって、さらにテーブルコンディションに合わせるっていうステップもいるので、実戦投入はしばらく先ですねー。

「殺したい」への2件の返信

お!殺し球!これは得意分野です(笑)
鈴木くんから教わった、殺し球のコツを伝授しましょう(笑)
「テイクバックからインパクト、フォロースルーまで、グリップを握り込んだままショットする」これです。いわゆる「にぎりっぱ」ってやつですかね。
通常はグリップって軽めに握っていて、インパクトの瞬間にちょっと握り込むじゃないですか。その握り込んだ状態で最初からショットするっていう感じです。
インパクト自体がぼやけるのかなくなるのか分かりませんが、面白いように手球が死にますよ。
この前Bクラスのプレイヤーにちょろっと教えたら、すぐにマスターして回りから「殺し球上手いねー」って言われるようになったみたいで喜んでました(笑)
一度お試しあれ(^-^)/

ブラッドさんこんにちは!
なんとーっ。そんなのあるんですか!!やってみます!

手球のスピンをイメージしながら、毎回それに合わせて撞点とストロークと調整しようとしてました^^;; 普段と同じイメージのままボケたストロークにするってのはたしかに楽ちんそうですね~っ。また、やってから記事書いてみます:->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。